代表挨拶代表挨拶

株式会社ぶんぶくは1918年に創業し、まもなく100周年を迎えようとしています。
個人経営の工場から板金メーカーへと歩み、私で三代目となりました。
創業より一貫しているのは、良いモノを造ろうとする精神です。
「悪貨は良貨を駆逐する」という言葉がありますが、我社ではこれを戒めとして、低品質に流れることなく、
丈夫で長持ち、品質ならぶんぶくと言っていただける製品造りを模索してきました。
真の意味での消費者のための製品とは何か。これからも我々は追求して参ります。
積み上げてきた歴史、培ってきた技術はございますが、我社は完璧ではありません。
お客様、そして世の中に育てていただきながら、前進して参りました。
これからもこの姿勢で、メーカーとしての責任とプライドを持って製品造りを続けていきたいと考えております。
支えてくださるすべての皆様への感謝を胸に、ぶんぶくの名の下、恩返しができるよう邁進していく所存です。